×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

趣味?_H27_11_01

記者:odden

オカルトに興味ありますか?_H27_11_01

奇怪なものが何故好きか?


  今まで自身のことについて触れてこなかったので、今回の記事では自分について触れていこうかなおもいます。タイトルを見て「どういうことだ?」と思う方が多々いらっしゃると思いますが、そのままの意味で大丈夫です。実は、わたくしライフワークと呼べるレベルかは分かりませんが、心霊系やUMAいわゆる「オカルト系」が好きなのです。なぜかと言われれば難しいですが、昔からよくオカルト番組を見ていることがあり、それが長い間つづいてこのような結果になったと思います。しかし自分自身が怖がりであるため、毎回視聴しては悲鳴をあげています。そのためか、今でもビビりであることは変わらず、心霊番組を見た後は自分から見たにも関わらず怯えながら夜を過ごしたりしています。文字通り「怖いもの見たさ」というものかもしれません。

オカルトはあるのかないのか?


  それでは本題に入っていきたいと思います。まずみなさんは「オカルト系」というものを信じていますか。「心霊はあると思うが、UMAはいないと思う」「UMAはいると思うが心霊は嘘っぱちだ」といろいろな意見があると思います。しかし、これにいたっては正直「答えがない」という回答が最も近いものになると思います。なぜなら、皆様も分かるように「答えが分からない」からです。科学的に証明をしようとしているものも多くありますが、その答えは毎回60%ほどの中途半端な答えばかりです。しかし、科学者の方々はその60%で「過半数の断定」をしてしまいます。なぜ、その残りの40%にはなにもないと決めつけてしまうのかと私は思います。そういうものを見ていると、素直にわからないといえばいいのにと思うことが時々あったりもします。しかし、逆説的な見方をすれば、これが「オカルトがあることへの証明」となるような気がしないでもありません。

いろいろなオカルト


  ある有名人の方の言葉を借りていますが「信じるか信じないかはあなた次第。」オカルトというものの立場はこれでよいのだと思います。最初の部分ではほとんど肯定的な見方をしていましたが、もちろん全てを信じるというのは無理があります。「心霊」「UMA]「占い」「預言」オカルトというものの中にはいろいろなものがあります。その中から「自分が信じるもの」「自分が信じないもの」と決めていくのも一種のオカルトの楽しさなのではないでしょうか。私の場合は全般的に信じた方が楽しそうだからそうするのであり、それが「存在すること」への賛成かと問われれば、それは少しちがうような気がします。あくまで私の場合の意見ではありますが・・・・。

最後に


  告知のようなものになってしまいますが、こんな感じの個人ラジオをyoutubeの方に上げてみようかなと、最近思っています。趣向としては一回につき様々なキーワードを一つ決めそれについて私が自身の意見を言っていくというようなものになると思います。まだ暫定ですが、編集次第テストを上げてみようと思いますので、視聴していただけると幸いです。そのときはこちらの方で報告させていただきます。 それではそのときまでおやすみなさい。<

ページのトップへ戻る