SMYR-機材紹介(MS-20)-_H27_05_30
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

機材紹介h27_05_30

記者:vada


挨拶

 こんにちは、SMYR(すみょら)の音楽担当のvadaと申します。
 今回から各メンバーが記事を書いていく企画が始まります。
 更新は毎週土曜日の予定です。
 更新は各メンバーのコンディション、やる気によって更新されるのであしからず。
 今回は、音楽機材について書こうと思います。


MS-20mini


KORG MS-20miniオフィシャルサイト


SMYR


MS-20miniは2013年のNAMM SHOWにて発表されたアナログ・シンセサイザーである。
元々、1978年に発表されたシンセサイザーの復刻で、さらにミニ鍵盤になり、MIDIやUSB接続が可能になっている。
セミモジュラーシンセと呼ばれるものでパッチケーブルによって音色が作成できる。

SMYR


つまり、MS-20内で音色に信号を送ることや外部の音をフィルターに通しエフェクターとしても機能します。
自分はMS-20とエフェクターを使い、現在ゲーム制作の音源制作を行っています。
エンベロープを使い、音の時間的変化を利用して音色作成をしています。
なので、今回この機材を紹介しようと思いました。
自分のなかでもよく使う機材なのというのもあります。

短い記事ですが、ご朗読ありがとうございました。


SMYR



MS-20miniを使った過去の音源








ページのトップへ戻る